MEDIA メディア

お知らせ

2020.05.15

139

新しい働き方に挑戦します!

ご無沙汰しております。えーじです。

弊社は5月決算になりましてお客様及び関係者の皆様に支えられて、お陰様で今期も生き残ることが出来ました。本当に感謝申し上げます。

また日本では3月より大流行している新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、被患された皆様の1日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈りいたします。

早いもので弊社でもテレワークに切り替えてから1ヶ月以上が経過しました。
当初は色々な懸念がありましたがテレワークでも支障なくワーク出来ているので、我々経営陣は頼もしく感じています。

そして一方で新たな懸念も感じています。
それは、新型コロナウイルス感染症は長期化することです。

長期化することで様々な変革が各所で起こっていますが、ビジネス上のパラダイムシフトだと思っており、旧態依然とした考え方は全て変わると予想しています。

現在でもワクチンが完成しているわけではなく人が集まることが難しいとされている中で、訪問営業のスタイルは無くなりましたし、多くの会社が出勤を取りやめ、テレワークに移行しています。この状態が長く続くと恐らくワクチンができ社会がもとに戻ることはあっても、例えば訪問営業がこれまで同様に行われたり、落ち着いたから全員でまた出社しよう、といった形には戻りにくいと考えています。
もちろんそうした方がよい業態もあり様々だとは思いますが、少なくともweb関係の会社が毎日電車通勤をして時間をかけて出社して帰宅するというのはあまりにも非効率だと感じるはずです。

弊社はこのパラダイムシフトを好機ととらえ様々なチャレンジを行っていくことに致しました。
その第一弾がオフィスの縮小です。

これまで東京オフィスは人数の拡大とともにサテライトオフィスをスタートさせておりましたが、今現在本社と合わせても稼働率は限りなく0%に近いです。
だったら思い切って1人1席・毎日出勤といった働き方の概念をやめ、主にリモートでの勤務としてオフィスは仕事をする場所から定期的に集まるコミュニティの場所への変革しようといった考えです。この考えにより固定のオフィスは必要なくなり、流動的で場所を毎回変えても良いわけです。新しい刺激によりクリエイティビティが向上することも狙っています。オフィスの固定費は高額なため削減することで違った形で還元出来ますし、繰り返しになりますが我々はこの自体を好機と捉えて未曾有の自体だからこそ価値観をアップデートし企業として筋肉をつけていきたいと思っています。
もちろんどこかに集まるというタイミングはコロナウイルス感染症の動向を見つつなので現状では未定です。

上記の理由から東京サテライトオフィスは6月末を持って閉鎖となります。
それに伴って本社も縮小を検討していますが決定次第改めてご報告致します。

オフィスの縮小は決して会社としてヤバいわけではなく、新しいチャレンジです!といったご報告でした。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:えーじ
ウェブサークル取締役。主に東京本社に生息しているが愛媛を始め全国、たまに海外にも出没しては二酸化炭素を撒き散らしている。

MORE THIS WRITER’S ARTICLE