MEDIA メディア

SEO情報

2021.07.21

4

あなたの出稿しているFacebook・Instagram広告はユーザー慣れしていませんか?

普段広告出稿をしていて、「あれ・・・この広告でのコンバージョンが少なくなったな・・・」と思うときはありませんか?
広告の費用対効果が悪くなったり、獲得件数の減少でユーザーの広告慣れを感じているときに、調査するポイントをご紹介します。

 

広告慣れを調べるには

 

リンククリックスルー率を調べることで、ユーザーの広告慣れを調査できます。

リンククリックスルー率とは、リンクを見た総数に対して、実際にリンクがクリックされた回数の割合のことを指します。
フェイスブック・インスタグラム広告では一般的に「1%」を切ると何らかの対応が必要とされています。

ユーザーが見飽きている可能性がありますので、広告バナーの差し替えや新規広告出稿をすることで、改善することができます。

また、このリンククリックスルー率ですが、上昇させることでもちろんコンバージョン獲得の増加にもつながります。

注視してみてください。

 

リンククリックスルー率の調べ方

 

フェイスブック広告→広告マネージャからみることが可能です。

「列:カスタム」からリンククリックスルー率を選択することで表示されます。

「クリック」の欄から「リンククリックスルー率」を選択してください。

 

また、「内訳」から「月ごと」でのデータを抽出することもできます。

分析の際に、ユーザーの広告慣れを見抜きやすくなりますので、ご活用ください。

 

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:sumida

MORE THIS WRITER’S ARTICLE