MEDIA メディア

SEO情報

2021.07.29

4

【7月27日発表】Yahoo!広告でカルーセル広告の提供を開始

7月27日からYahoo!広告の運用型ディスプレイ広告にてカルーセル広告の入稿に対応しました。

 

カルーセル広告とは

(参照:Yahoo!広告)

カルーセル広告は複数枚の画像(バナー)を組み合わせて表示する、横長のバナー広告です。
画像やテキストなどからなる「カルーセルカード」を、2枚以上組み合わせて作成します。
各カルーセルカードに異なる画像やリンク先URLなどを設定することで、商品やサービスの特徴をさまざまな形で伝えることができます。

また、広告をスワイプして複数のカルーセルカードを表示できるため、横長の大きな画像として商品の魅力を表したりすることも可能です。

現在対応中の掲載面は、
PC版Yahoo! JAPANトップページまたは、スマートフォン版Yahoo!ニュース(ウェブのみ)となっております。

詳しい出稿条件

・カルーセル広告は、3つのキャンペーン目的で作成できます。
コンバージョン/サイト誘導/アプリ訴求

・カルーセル広告では2枚以上10枚までの画像(バナー)での出稿が可能です。

・カルーセル広告には、ロゴ画像の入稿が必要です。
こちらのロゴはカルーセル広告の最後のカードにロゴが表示される仕組みとなっています。

 

カルーセル広告に向いている広告

 

生活雑貨や化粧品などの商品を扱うECサイトでの広告で効果を発揮します。
特に今まで、1枚の画像(バナー)に商品を納めるか、1つずつ画像広告を出稿しなければなりませんでしたが、
カルーセル広告を使用することでいくつかの商品を1つの広告で出稿することができます。

これによりユーザーはお気に入り・購入したい商品を見つけやすくなり、
より獲得件数増加につながる見込みです。

 

Google広告で同じような機能はないのか

 

Google広告では、ファインド広告でカルーセル方式の広告を出稿出来ます。

掲載面は、Discoverフィード、YouTubeのフォームフィード、Gmailとなっております。
現在、検索時には表示されないものとなっていますが、
YouTubeのフォームフィードに表示できるので、多くの人が目にしたことがあると思います。
こちらの設定方法等は、下記リンクからご確認することができます。

https://support.google.com/google-ads/answer/9176942?hl=ja

 

まとめ

 

Yahoo!広告でカルーセル広告を使用できるようになったことで、
より広告の出稿の仕方が多様になりました。
同じくGoogle広告でもカルーセル広告が使用できますので、ぜひ出稿してみてください。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:sumida
新卒でウェブサークルに入社。 広告運用の他、5月から本格再始動したオウンドメディア「DO?GO!愛媛」の運営担当している。2カ月で月間PV10万突破した。

MORE THIS WRITER’S ARTICLE