MEDIA メディア

SEO情報

2021.07.30

5

SEOで大切なmeta descriptionとは

meta descriptionを活用してますでしょうか。
検索結果で表示されるこの部分を上手く活用することでサイトをPRでき、ユーザーを呼び込むことができます。
約100文字でクリック率が変わると言ってもよいくらい重要となっています。

サイトや記事を作成する際には、意識して作り込むことが大切になります。
この記事ではmeta descriptionを活用する方法をご紹介します。

 

meta descriptionが重要になる理由

 

meta descriptionは、検索した際にサイトタイトルの真下に説明書きとして表示される文章です。サイトがどのような内容のものなのかを把握できる部分となります。

実際に、この部分を読んでサイトを見に行くという人も多くいるのではないかと思います。
記載されていることを参考にし、欲しい情報がありそうだと思ったらサイトを訪れるきっかけにもなります。

 

説明は100文字前後がベスト

meta description内の文字数は100文字前後が良いとされています。
あまり多すぎると表示される部分が少なくなり、どんなことが書いてあるサイトなのか分からなくなってしまいます。検索結果で表示される範囲になるように調整することをおすすめします。

 

キーワードは前半に配置する

施策を行っているキーワードは前の方に含めることを心がけてください。
情報量が多いと全て読まれないことも多く、何が書いてあるのかをすぐ見分けられない要因になってしまいます。
ユーザーが検索したキーワードは太文字で表示されるため目立つところにあると目に入りやすくなり読んでもらえる確率も高くなるので前の方に持ってくることをおすすめします。

 

meta descriptionを作り込む

meta descriptionを工夫して記載することで、このサイトは欲しい情報が書いてありそうだという印象を与えることにもなります。また、分かりやすく書くことでユーザーにも伝わりやすくなり、サイトを訪れてくれるきっかけを作ることにも繋がります。

同じサイト内のページでも、1つのキーワードでいくつものページを上位に表示させるということも可能です。関連のある記事を複数作成し、そのページが検索結果の上位に表示されるようになるとさらに多くの流入数を見込めることになります。

 

いかがでしょうか。meta descriptionの役割を知ると大切な部分だということが言えそうです。

空欄にしたり、適当に作成するのではなく、SEOの観点からもしっかりと活用することをおすすめします。

 

参照:https://web-kanji.com/posts/seo-meta-description

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:aoki

MORE THIS WRITER’S ARTICLE