MEDIA メディア

SEO情報

2021.10.08

0

リンク切れチェックツール5選

サイトの評価を落としかねないリンク切れのページは、放っておくとSEOの面だけでなく、ユーザーにとっても不親切なものとなります。クリックしてもどこにも飛ばないという場面に遭遇すると、サイトを訪問する機会を失ってしまったり、商品のアピールの場を減らしてしまうことに繋がります。
リンク切れを起こしているページを対処すれば良いと思っても、コンテンツ量が多いサイトだとひとつひとつチェックするのはとても効率が悪いもの。そこで活躍するのがリンク切れのチェックツールです。5つ、ご紹介します。

Googleサーチコンソール

サイトの管理を行えるツールで、リンク切れのチェックも簡単に調べることができます。
カバレッジからエラー内容を確認し、リンクについて記載がなければ問題ありません。

W3C Link Checker

Webで使用されるHTMLなどの標準化を推進するために設立された非営利団体のW3C。その団体が策定したリンクチェッカーはおすすめのひとつです。リンク先のリンクといった深い階層まで確認することができます。

takotubo.jp

登録不要でチェックが行えるともあり、すぐに調べたい時にも役立つツール。
URLを入力し、チェックボタンを押すだけで簡単に調べることが可能です。

Dead-link-checker.com

こちらも登録不要で活用できるツールです。TOPページのURLを入力するだけで、サイト内の全てのリンクをチェックしてくれます。記述ミスのあるページも知らせてくれるため、導入しやすいツールです。

Broken Link Checker

WordPressを導入している場合は、こちらのツールがおすすめです。
管理画面のツールからリンクエラーをチェックという項目をクリックするとサイト内のリンクを一覧で確認することができます。ステータスで色付きで教えてくれるので分かりやすいのも特徴です。

まとめ

リンク切れがないかをチェックできるツールを5つご紹介しました。サイト運営をしているとメンテナンスも必要になります。定期的に行わないと知らない間に評価を落とす原因が発生していることもあります。こういった評価を下げてしまうものに対しては早めの対応が必須です。順位が落ちているなと思った時はサイトの状態を確認することをおすすめします。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:aoki

MORE THIS WRITER’S ARTICLE