MEDIA メディア

SEO情報

2021.10.29

75

リスティング広告運用のコツ!Google広告で詳細設定できる部分とメリット

広告運用を行っている際に、「もっと広告を最適化したい」「ターゲット/ペルソナに沿った広告の出し方をしたい」などお悩みではないでしょうか?
そんな時は、広告運用の詳細設定を変えることでうまく広告運用を最適化することができます。
是非、この記事を参考に獲得増加に向けた広告運用設定を行ってください。

①性別配信

広告配信を行っていく中で、「女性のお客様が多い」「男性のお客様が多い」という点で広告出稿自体も制限や強化をすることができます。
サービスや製品によっては、大胆にどちらかの性別を広告出稿停止など行うこともできます。

②年齢別配信

性別配信と同じく、広告配信の中で獲得の合った層を参考に強化入札や抑制して入札を行うことができます。
年齢別配信と性別配信はターゲット/ペルソナをしっかり定めることへの重要さは無駄な部分への配信をやめ、
獲得を最大化出来る人たちへと配信を最大化することができます。

③世帯別収入配信

サービスや製品によって、大きく変わることがあります。
1サービス/製品の単価が高い場合は、年収の高い人に出稿するがよいかもしれません。

④時間帯別配信

広告配信を行っている中で、早朝や深夜で広告がみられてない場合は停止や抑制を行うことで、
広告の無駄内を防ぐことができます。

⑤地域別ターゲティング

特に店舗型だと、お店に行ける人の住んでいる/活動している距離を計算してその地域の身に出稿することができます。
地域性を見た際に、電車移動の多い地域だと店舗から半径5Kmや車移動の多い地域だと10㎞~20㎞への範囲指定がおすすめです。

⑥デバイス別ターゲティング

PC/タブレット/スマホでデバイス別のターゲティングを行うことができます。

以上広告運用のポイントとなる詳細設定に関してご紹介させて頂きました。
設定を行うことで効果的に広告を運用できますので、設定してみてください。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:sumida
新卒でウェブサークルに入社。 広告運用の他、5月から本格再始動したオウンドメディア「DO?GO!愛媛」の運営担当している。2カ月で月間PV10万突破した。

MORE THIS WRITER’S ARTICLE