MEDIA メディア

SEO情報

2021.11.05

319

ウェブマーケティング必須!競合分析に役立つツール3選

ビジネスを展開していく中で、差別化を図るために競合調査を行うことが必要です。
競合よりも自分のビジネスが優位である部分や、長所、短所を見つけることで訴求方法を考えることができます。
SEO上でどのようなキーワードが上位にいるのかだけではなく、
お金をかけた広告施策でどのようなキーワードを買い付けているのか、
いつ広告費を引き上げたかなどを見ることができます。

この競合調査を通して、施策の打ち出し方を考えていきましょう。

オススメツール3選

 

自然検索キーワード・広告出稿買い付けキーワードを見るならこれ!

Keywordmap(キーワードマップ)

圧倒的なデータ量を保有しており、網羅的に競合サイトの分析が可能です。
またレポーティング機能も充実しており、抽出した各種データをそのままダウンロードすることが可能です。
次々にサイトができていく中でも、何サイトでも調査分析が可能です。
いつでも簡単に調査することが可能です。

料金プラン:要問合せ

 

オールインワン競合分析ツールならこれ!

SEMRUSH

SEO・広告分析・SNS競合対策をSRMRUSHで完結することが可能です。
世界的にもダウンロードされており、世界には700万のユーザーが存在します。
自然検索上位キーワードや広告買い付けキーワードだけではなく、SNSアカウントの競合他社の投稿を分析することも可能です。
料金:13500円~(参考価格)

 

 

コンテンツマーケティングの競合調査をするならこれ!

SEARCH WEITE

コンテンツ作成の際に役に立つツールになります。
キーワードごとに競合調査の順位を自動で取得する機能があり、競合の記事調査を効率よくできるようになるツールです。
SEOに関する知識や、コンテンツマーケティングに関する知識に自身がない方でも使いこなしやすいツールとなっています。
価格:50,000円

 

ここまで、競合調査に必要なツールを紹介してきました。
競合調査はSEO対策・コンテンツ制作・広告運用の際に必須となってきますので、
ご自身のビジネスに合ったツールを選んで調査してください。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:sumida
新卒でウェブサークルに入社。 広告運用の他、5月から本格再始動したオウンドメディア「DO?GO!愛媛」の運営担当している。2カ月で月間PV10万突破した。

MORE THIS WRITER’S ARTICLE