MEDIA メディア

SEO情報

2021.08.27

1

リターゲティング広告は本当に結果が出るのか?実例紹介

そもそもリターゲティング広告とは

 

「リターゲティング広告」とは、一度サイトを訪れたユーザーに対し、もう一度表示させる広告のことです。
この広告は、ユーザーがウェブサイトを見ているときに、見覚えのある商品や、サービスの広告が表示されます。

この広告では「ユーザーが商品を閲覧したが、購入などの行動を起こさなかった場合」に、
もう一度他のサイトを閲覧(フェイスブックだと投稿を閲覧する際)時に広告を出すというものです。

 

リターゲティング広告の効果

リターゲティング広告では、
・コンバージョン率が高い
・クリックした人に再度働きかけるのでターゲティング
・ターゲティングを狭めているので、コンバージョン率が高いため費用対効果が高くなります。

実際弊社で広告運用を行っているリターゲティング広告では、
ECサイトの商品購入はほどんどリターゲティングからです。

また、申し込みをコンバージョンとするサイトでも、
クリックの獲得は広告を始めてみる方よりもリマーケティングでクリックをする率が高いです。

弊社で運用を行っている広告のほとんどがリマーケティングでうまく獲得ができています。
露出やクリックが伸びないとリマーケティングでの広告出稿を行うことは出来ませんが、
条件がそろえば積極的に出稿してください。

RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:sumida
新卒でウェブサークルに入社。 広告運用の他、5月から本格再始動したオウンドメディア「DO?GO!愛媛」の運営担当している。2カ月で月間PV10万突破した。

MORE THIS WRITER’S ARTICLE