MEDIA メディア

SEO情報

2021.10.15

41

上位表示を狙う<共起語検索に役立つツール5選>

コンテンツ制作を行う上で必要な共起語。共起語は対策キーワードと一緒に登場する言葉で、上位表示されている記事には共通して入る単語も多々あります。E-A-Tの高いページは上位表示されていることが多く、共通した共起語が含まれていることが多いです。

その共起語はどのように見つければ良いのか分からないという方のために、おすすめのツールをご紹介します。無料のツールがほとんどですが、どれも使いやすいのが特徴です。ライター会社に依頼するときも共起語も事前に指定することで、上位表示されやすいコンテンツ記事に仕上げてくれます。

 

共起語検索

検索ワードで上位サイトに含まれる共起語をチェックできるツールです。登録などは不要で、このサイトを開き検索ワード内に対策語を入力すると共起語リストが表示されます。
こちらのツールで調べると以下のような結果となりました。

調査対象:上位30サイト

ラッコキーワード

共起語検索と同じく無料で使用できるツールです。ラッコキーワードは、上位サイト内の共起語の使用回数まで調べてくれるとても役立つツールです。共起語検索と同じ条件で検索をかけると以下の

調査対象:上位20サイト

サクラサクラボ

会員登録は必要ですが無料で使用可能なツールです。SEO研究所のサクラサクラボが提供しているツールでサイトを訪問すると使い方を紹介した動画も用意されています。

 

パスカル

月額料金(4.5万円~)が発生しますが、検索上位ページのコンテンツを分析してくれるので、その記事に含めたい共起語を調べることが可能です。上位表示に必要なトピックも簡単に調査できるので検討してみるのも良いかもしれません。

 

Keywordmap

こちらも有料ツールとなりますが、とても頼れるのがポイントです。共起語を検索してくれるだけでなく、そのページに含まれている共起語を調べられます。さらに、どれだけ網羅しているかもチェックすることができるためしっかりと対策を行いたいときにおすすめです。

まとめ

コンテンツ制作の際に必要な共起語を調べられるツールをご紹介しました。上位表示の記事に共通しているキーワードはなるべく入れたいものです。
今後のコンテンツ制作にぜひ取り入れてみてください。


RELATED ARTICLE関連記事

この記事が気に入ったらいいね!しよう

WRITER:aoki

MORE THIS WRITER’S ARTICLE