動画配信サービス(VOD)

【2022年版】dTVの口コミ評判!dTVの料金や特徴、メリット・デメリットは?

2022年3月14日

dTVはエイベックス通信放送が運営する動画配信サービスです。

月額550円で12万本以上の動画作品が見放題で視聴できます。

中でも音楽ライブ作品数は他の動画配信サービスの中でもトップで、音楽、エンタメ、ドラマ分野に強いと好評です。

全体的に「料金がトップクラスで安い」「見放題作品数も多い」など良い評判が多い一方、「アクセスが集中すると回線が悪くなる」などの不評もあります。

今回の記事ではdTVの料金や機能の特徴を紹介しつつ、メリット・デメリットについても解説していこうと思います。

dTV

dTVの特徴

まずはdTVの特徴についてまとめていきましょう。
今回は以下の視点からdTVの特徴を分析していきます。

  • TVの見放題作品数
  • dTVの作品ジャンル
  • dTVのオリジナル作品
  • dアカウントでdポイントが使える
  • ダウンロード機能でオフライン再生
  • dTVの料金体系
  • dTVの支払い方法

dTVの見放題作品数

dTVの見放題作品数は12万本以上であり、これは他の動画配信サービスと比べてもかなり多い数字となります。
他の動画配信サービスの「見放題作品数」と「料金」で比較した場合、以下のようになります。

  • 月額550円(12万本以上)
  • U-NEXT:月額2,189円(21万本以上)
  • Hulu:月額1,026円(10万本以上)
  • FOD:月額976円(5万本以上)
  • Disney+(ディズニープラス):月額990円(1万6千本)
  • Amazonプライム:月額500円(1万本以上)
  • AbemaTV:月額960円(1000本以上)

上の表を見ても分かる通り、dTVは「見放題作品数に対する料金」が最も安い動画配信サービスだということが分かります。
「コストパフォーマンスでは最強!」と堂々と言うことができる点がdTVの強みですね。

dTVの作品ジャンル

dTVの作品ジャンルは以下のようになっています。

  • dTVオリジナル
  • 音楽
  • 洋画
  • 邦画
  • アニメ
  • キッズ
  • 国内ドラマ
  • 海外ドラマ
  • 韓流・華流
  • 教養・バラエティ
  • レンタル

中でも「音楽」「映画」「韓流・華流」「ドラマ」「キッズ」においては作品数の多さも相まって非常に充実したコンテンツが用意されています。

まず「音楽」に関しては、dTVがNTTドコモとエイベックスの合弁会社である「エイベックス通信放送」によって運営されているということもあり、エイベックスの持つ音楽エンターテインメントの強みが活かされています。
dTVでしか視聴できないミュージックビデオはもちろん、三代目J SOUL BROTHERS、東京事変、スキマスイッチ、ONE OK ROCK、Da-iCEなど、メジャーアーティストの音楽ライブを1,200公演以上見放題で視聴することができます!
音楽ライブを配信している動画配信サービスは限られているため、「好きなアーティストのライブなら全公演のビデオが欲しいけど、一つ一つが高いから中々踏み出せないなあ、、、、」「好きなアーティストが沢山いるから、全部のライブに行くと出費が大変なことになる!」とお悩みの方にとって、dTVはありがたいサービスになるかもしれません。

次に「映画」「ドラマ」に関しては、そのコンテンツ数の多さやオリジナル作品の充実度に定評があります。
「海外映画」や「韓流ドラマ」など動画配信サービスの中でも人気のジャンルにおいて評判が高いため、多くの人にとって「外れのない」コンテンツが揃っていると言えるでしょう。
また、メジャー作品に限らずニッチ作品も幅広く網羅されています。

dTVは「キッズ」ジャンルの作品が充実している点も見逃せません。
特に、家庭に小さいお子さんがいる場合は「子供向け番組のDVDを毎週レンタルしている」というご家庭もあるでしょう。
お子さんも同じ番組はすぐに飽きてしまうので、頻繁にレンタルしていると子供向け作品への出費も馬鹿になりません。
dTVのユーザーの中には「子供向け番組が多いのが決め手でdTVに加入した」という方もいるようです。
NHKの教育番組を始め、「アンパンマン」「いないいないばあっ!」「ドラえもん、おかあさんといっしょ」「くまのプーさん」「きかんしゃトーマス」「名探偵コナン」「戦隊ヒーローシリーズ」「仮面ライダーシリーズ」「プリキュアシリーズ」など充実のラインナップが揃っています。
これらの作品がdTV一つで完結するため、場合によっては大幅なコスト削減に繋がるでしょう。

一方で「アニメ」に関してはネガティブな声もありました。
見放題作品数が12万本以上もあるためアニメの作品数自体は充実していますが、最新作がなかなか更新されないというデメリットがあるようです。
「今期のアニメは全部リアルタイムで追いたい!」というアニメファンの方にとって、最新作がなかなか更新されない点はフラストレーションに繋がるでしょう。

dTVのオリジナル作品

dTVではオリジナル作品の充実度も好評です。
多くの動画配信サービスでは「オリジナル作品は充実しているけれども見放題作品数が少なすぎる」「逆に見放題作品数は多いけれどもオリジナル作品は弱い」といったトレードオフが見られる中、dTVは「見放題作品数」「オリジナル作品の充実度」を両立しているという点は素晴らしいです。
それでいて料金も非常にお手頃なので、dTVファンが多いのも納得です。

dTVで人気があるオリジナル作品として何点か挙げると、「Loid-Reality show」「In the SOOP BTS」「キス×kiss×キス」「ボーダレス」「銀魂2-世にも奇妙な銀魂ちゃん-」「花にけだもの」など韓流作品や国内外のドラマ作品、アニメ作品が充実しています。
特に韓国のボーイズグループBTSとのコラボレーションには力を入れており、「BTS on dTV」プロジェクトと題して、BTS関連のライブ・ドキュメンタリー・リアリティ番組全19タイトルを全て独占配信しています。

加えてdTVでは、エイベックス通信放送が運営する「beeTV」の作品も独占して視聴することができます。
「beeTV」は映画のスピンオフ作品やオリジナルドラマ・バラエティといったオリジナル作品を配信している動画配信サービスです。人気の「キス×kiss×キス」もbeeTVが配信しています。

またdTVは「2.5次元作品」に関して無類のコンテンツ数を誇っています。
100作品以上の2.5次元作品を配信している動画配信サービス自体dTV、U-NEXT、Amazonプライムの3つしかありませんが、中でもdTVは230作品を超えておりダントツです。
2.5次元作品のファンという方にとって、dTVは最有力候補に挙がってくるでしょう。

dアカウントでdポイントが使える

ここからはdTVのポイント制度や機能面に着目して解説していきます。
dTVではドコモユーザーの場合、自身のdアカウントと連携して利用することができるため、以下のようなメリットがあります。

  • dTVの料金と通信料をセットにして支払える
  • dポイントやドコモポイントを作品のレンタルに使用できる

dポイント、ドコモポイントを月額料金の支払いに使用できない点は注意が必要ですが、なかなか用途を見出せずに貯めてしまいがちなポイントを作品レンタルに使えるのはありがたいことですよね。

ダウンロード機能でオフライン再生

多くの動画配信サービスで標準装備となっていますが、dTVでも作品をデバイスにダウンロードすることでオフライン再生が楽しめます。
後程紹介しますが、dTVでは「同時視聴ができない」というデメリットがあります。
しかし、同じアカウントを複数のデバイスで利用することはできるので、同時視聴したい場合は一方のデバイスにダウンロードしてオフライン再生、もう一方はオンライン再生といった形で対処しましょう。

dTVが利用できるデバイスは以下の通りです。

  • スマートTV/レコーダー
  • スマートフォン/タブレット
  • PC
  • その他Amazon FireやApple TV、Nexus Playerなどの各種プレーヤー

通勤通学中にスマートフォンやタブレットで視聴したり、自宅のプレーヤーやTVで楽しむなど多様な楽しみ方が可能です。

dTVの料金体系

dTVは月額550円で12万本以上の作品を見放題視聴することができます。
実はdTVにはいくつかの料金形態があり、他の動画配信サービスとのセットでよりお得になるオプションや、逆に条件によっては損になってしまう料金形態もあります。
まずdTVは「dTVチャンネル」「DAZN for docomo」といった他の動画配信サービスと併用することで、本来の合計料金よりお得になるセット割引きがあります。
組み合わせとしては以下のパターンが挙げられます。

  • dTV+dTVch:月額1,078円(330円お得)
  • dTV+DAZN:月額2,255円(220円お得)
  • dTV+dTVch+DAZN:月額2,783円(550円お得)

しかし「dTVch」においては2022年3月31日よりサービス提供終了予定となっており、今後は「DAZN for docomo」との組み合わせのみが選べる形になる予定です。
「DAZN for docomo」は国内外のスポーツ試合映像を年間10,000以上放送している動画配信サービスで、幅広くスポーツを楽しむ人に特化したコンテンツ内容になっています。
「スポーツ観戦を動画配信サービスで楽しみたい!」という方は多くいるので、「スポーツだけを楽しみたい」のか「色々なジャンルの動画作品を見たいけど、スポーツは外せない!」のかによって、DAZN単体で利用するか、dTVとDAZNをセットで利用するかという選択肢が広がります。

一方で料金体系について、特にAppleユーザーには注意が必要な点もあります。
dTVは「月額料金550円」と紹介されることが多いですが、実はApp Storeでの購入の場合「月額料金が650円」になります
購入方法は他にもあるためAppleユーザーも月額550円で利用することはできますが、本来の料金や購入方法を知らないでApp Storeから購入すると、知らぬ間に損してしまう可能性があるため要注意です。

dTVの支払い方法

dTVの月額料金・作品レンタル料金の支払方法は以下の通りです。

月額料金支払

  • ドコモキャリア決済
  • クレジットカード

作品レンタル料金支払

  • ドコモキャリア決済
  • dポイント/ドコモポイント
  • クレジットカード

ドコモユーザーに対しては非常に優遇的な選択肢ですが、ドコモユーザーでない場合はクレジットカード以外に決済手段がありません。
PayPal、LINE Pay、PayPay、デビットカードなど、他の動画配信サービスでは利用できる決済方法が使えないため、料金の支払いに関しては不自由に感じる可能性があります。

dTVの注意点

ここまででdTVの特徴を説明してきましたが、上記で挙げた以外にも何点か注意点があります。

まず、dTVは「アクセスが集中した際に回線が繋がりにくくなりやすい」と言われている点です。

そのため休日などにオンラインで動画視聴を行おうとすると、自宅の通信環境やデバイスの状態によっては、なかなか動画をスムーズに楽しめなくなる可能性があります。

加えて上記でも触れましたが、dTVは「同時視聴が出来ない」ため、大人数での利用は難しいでしょう。
家族全員で利用したい場合などは、「Disney+(ディズニープラス)」や「U-NEXT」のように複数人使用可能で同時視聴可能なサービスを選んだ方が良いかもしれません。
アカウントを複数作れないため、視聴履歴が他の人にバレてしまうという点も気を付けたいところです。

また、他の動画配信サービスでも同様のケースは多いですが、海外ドラマや海外映画の吹き替え非対応作品が多いという点も注意です。

まとめ

コストパフォーマンスが最強で、コンテンツも魅力的なdTVですが、やはり使ってみないと分からない注意点も多くあります。

dTVは無料トライアルを31日間実施しています。
他の動画配信サービスと比べても長いため、じっくり試すことが可能です。
無料トライアル中はいつでも解約できるため、少しでも興味があれば一度試してみることをお勧めします。

dTV

-動画配信サービス(VOD)